【コミュニケーションあるある】「相手にとって”わかりにくい人”」は損しちゃってますよ

表情が乏しい人っているでしょう?何を考えているか読み取れないからちょっとヒヤヒヤしたり、どう接して良いか迷ってしまうような人。

たとえば仕事でお客様と接しているとき「何をお考えか?」という情報を得るためにお客様の表情をよく観察すると思うけれど、表情の変化が見られないとこちらの提案に反応してくれているのかがわからない。何か言葉を発してくれないものかと焦ったりする。それで「へぇ〜いいですねぇ〜」なんて無表情で言われた日には「えっ?いいの?ダメなの?」ってドギマギする。やっぱり表情って大事なんだなぁと実感します。

同じことが自分にも言えますよね。 相手だってこちらの表情を見ながら「この人は本当のことを言っているのか?」など抱えている不安を払拭する材料を探しているはずで。

クレームや深刻な相談などの状況でいつも通りの笑顔で対応していたら「真剣に聞いてるのか!」と怒られた話は新人時代に良くあること。お客様対応の場合ならその時の状況や会話内容に合わせた表情を「作って見せる」ことも時に必要になってくるかもしれません。

表情が『見える』とわかりやすい

どんな人間関係であっても「この人は今、どんなことを考えているのだろう?」「今、どういう気持ちなんだろう?」ということが表情から読み取れる人は付き合いやすい。

笑顔だったら「楽しい」、口角が下がっているなら「悲しい、怒っている」、眉間にしわを寄せていれば「真剣、困っている」、目が輝いていたら「ワクワク、嬉しい」…表情から今どんな気持ちなのかをイメージできるから、どう接するべきかがわかって安心できるんです。

意識的に表情を変化させることで自分の気持ちを伝えようと努力する。これも、相手に余計な気を遣わせずに安心や信頼を与えるコミュニケーションのひとつなんじゃないかな。

表情を意識的に作るのはトレーニングできます。接客で良く言われる「ウイスキースマイル」なんかもそういうトレーニングのひとつ。「ウイスキー」と発音すると口角が上がる、口角が上がれば笑顔に見えるという訓練です。

表情を作ることはもちろん大事だけど、本来ならば「自然に」それが出るようにしたいですよね。ただ普段から感情を抑圧している人が本当に多くて、そういう人ほど表情も乏しいように感じます。怒っているのに「怒っちゃダメ」悲しいのに、悔しいのに「泣いちゃダメ」嬉しいのに、楽しいのに「笑っちゃダメ」みたいに考えていたら、そりゃどんな顔をしていいのかさえ忘れてしまう。

それにはまず、自分の気持ちや感情にまず敏感になって素直に感じられるようにすることや、それをちゃんと表現する場を設けることのほうが大事だと思うんだよなぁ。

わかりやすさは好かれやすさ。そのノンバーバルで損してるかも?

ポーカーフェイスは確かにかっこいい。いつでも冷静沈着、どんな状況でも焦りや不安を人には見せない。それも時に相手を安心させるのに必要なことかもしれません。あえて気持ちを悟られないようにしたい場合はそれでもいいけれど、人と関わる限り、メリットばかりではないはずでは?

楽しい、悔しい、焦っている、悲しい、ワクワク、感動。人間らしい感情をフルに使って人に安心を与え、付き合いやすさや接しやすさを与えられる人をまず目指したい。単純に、わかりやすい人は、わかりにくい人よりも好感が持てるんです。

特に、なぜか人に冷たく当たられるとか、どういうわけかいつも人間関係がうまくいかない、いつも上司に嫌われるなどの場合も、この「わかりやすさ」が関係しています。発する言葉がいくら肯定的でも、姿勢や目線、態度などで相手に否定的・反抗的と捉えられている可能性がある、ということ。

言われたことには「はい」と答え、期待に応える動きもしているけれど、話を聞く時の姿勢が「〜しながら」だったり、目線があっちの方を向いていたり、への字口になっていたりするのに【気づいていない】人ってわりといらっしゃるんですよ。

言葉よりも表情や姿勢、目線といったノンバーバルの部分に「わかりやすく」本音が表れてしまうもの。そう言う意味でも『見える表情』にはこだわった方が良いのです。

相手にとって「わかりやすい人」「安心できる人」を目指そう。
意識していないと「この人、何考えているかわからない」と思われて損しちゃいますから。

 

ABOUTこの記事をかいた人

キャリアカウンセラー 大野乃梨子

通称はイトウ(旧姓)/ノリさん。ほんとうの自分を知ること、人間関係や仕事の問題解決に向けた考え方、キャリアビジョンの描き方、ビジョンに向けた課題の取り組み方などに特化した記事を書いています。わたし自身もメンタル不調を患って以来20年、自分と向き合うことや人との関わりを長年考え続け、学び続けている最中です。自分をちゃんと理解し、それをわかってもらう喜びが人を動かす。それが「自分らしく生きる」ことだと思っています。